銀太郎山ツェルト泊(2015.6.20~21)


いろいろと物事が重なり土曜日の会社が休みに、そして日曜の地区の人足もキャンセル。まさかの急遽二連休ゲット♪日曜は用事あるけど早く下山すれば問題無し。そうと決まればいくでしょ〜!前から行きたかった銀太郎山へ
川内はヒルで有名だけど、もう出たか?悪場峠からいけばいない?アルコールも効くらしい。いろいろと準備して出掛けた

(※写真クリックで拡大)


悪場峠入口

悪場峠からの登山口はうっかり見過ごしそうなくらい。標識もなにもありません。ラッキーなことにクルマが一台駐車していたので簡単にわかった
準備を整え、スパッツ、手袋、懐にはアルコール。完全防備でスタート!8:07

やべー出た!大ナメクジ!笑

水無平への下りから木六山

水無平。木のトンネル

なるべく早めのペースで歩く!印象的にはヒルはいなそうな感じ。土は乾いてるし、ジメジメしてないし
けっきょく、ヒルとは遭遇することなく水無平に。その先も見かけなかった

奈羅無登(ならんと)山がかっこいい!日の当たってる山

銀次郎山も見える。遠い...

9:47木六山分岐
ここから山頂はすぐだけど明日の楽しみに取っておく。しばし休憩して七郎平山へ

ここからのアングルもかっこいい奈羅無登山


アップダウンの続く尾根道。ゆっくりペースで、時には聞こえてくる鳥の鳴き声の主を探したり。なかなか姿を見れない...いろんな種類の鳴き声を聞いた気がする

11:22七郎平山のテン場

すぐ脇に水場もあるけど...

まじ〜!水場が枯れかかってる!けっこーあてにしてきて3ℓ弱しか持ってきてないけど...
まー最悪足りなかったら、煮沸して使おう
荷物もそんなに重くないし、デポするのも面倒なのでそのまま銀次郎山へ


穴あき杉

銀次郎山が近くなった

蛇!なかなか逃げようとしないので困った

粟ヶ岳は雲の中

歩いてきた道のり

手前のピークから銀次郎山

12:24銀次郎山


山頂から歩いてきた道のり

銀次郎山から銀太郎山。背後の五剣谷岳とかぶりいまいち迫力に欠ける

七郎平山を出てすぐに登山口に一台停車してあったクルマの単独男性とスライド。聞くところによると、銀太郎山からここまで死ぬ寸前のペースで歩いてきて40分と言っていた!早っ!そして表現がユニーク♪こんかい二日間で会ったのはこの方のみ。静か
いつの間にか曇り空で時折パラパラと通り雨...樹林帯なのでそんなに気にならないけど
銀次郎山で一休み。ハエがいっぱいでうるさい。山頂にある登山者名簿に記入

鞍部へ高度を下げていくと銀太郎山がカッコイイ!

突如!御神体

いい感じの歩き〜

人為的?

13:30銀太郎山

銀太郎山から先、五剣谷岳。薮だ

山頂から銀次郎山方向

標柱がちょうどカメラ置きやすかったので...

銀次郎山からも下って登って〜高度を下げていくと銀太郎山がカッコイイこと!なぜここ?ってところに御神体が...
歩きやすいところもあるけど、山頂直下は急登
13:30銀太郎山。あいにく雲が出てきて遠望がきかない...
五剣谷岳も雲に隠れたり出てきたり。たまに日も差してくるし雲が抜けるのを期待しつつ山頂でゆっくり♪セルフで写真撮ったり
しばらく待ってると晴れるどころか、雨本降り!レインウェアを着込み山頂をあとに。七郎平まで降ったり止んだり、雨足が強くなったり!


七郎平にてキャンプ

タイミングよく雨が止んでる時に設営できた♪
今回は背後の木を使って入口側をダブルストックの三角にして入りやすさ重視にしてみた。てか後ろも入りやすくなるわけだ
ツェルトは慣れが必要ですね〜いろんなシチュエーションで試して回数こなして経験値あげてかないと
そもそも、ツェルト張るために普段使わないストックを持ってく矛盾...どうしよっかな。今回のところはストックなしでも張れたけど、毎回そうではないし

ツェルトに入ればひと安心〜♪と、思いきや雷雨を伴う夕立!マジかよ〜
しばらくすると、天井の縫い目から雨が滴る!シームテープを買ったまま加工せずに放置してた...今日も雨に降られるとは思っていなかったし...
ツェルトを叩く雨音で全然安らげないし、もう寝るしかね〜...と夕飯をサクッと食べて寝る準備。シュラフカバーも忘れてツェルト内に敷いていたフロアシートにくるまり就寝
一度、目を覚ました時には雨も小降りに

3時半起床。雨も止んでいてひと安心♪
途中侵入してきたちっこいカマドウマに起こされたりしたもののわりとぐっすり眠れた
身支度を整えて、4:27下山開始

木六山から歩いてきた山々。銀太郎山まで

今日は粟ヶ岳も見えた


出やがった!

木六山で朝ごはんを食べて7:09悪場峠に下山。
下山後、足元をチェックしてみると雨で元気を取り戻したか?ヒルが計4匹取り付いていた。しかし、幸い無傷!しっかり駆除して、ザックなどについてないか入念にチェックして帰路に着いた

次は矢筈でしょう!行きたいルートが増えました。滑れないかな!?


銀太郎山(1112m)

2015年6月20.21日(土、日) 

メンバー; dsk(単独)


◯コース

6月20日
8:07悪場峠ー8:36水無平ー9:47木六山分岐ー11:22七郎平山ー12:24銀次郎山ー13:30~13:53銀太郎山ー15:00銀次郎山ー15:43七郎平山

6月21日
4:27七郎平山ー5:31~5:52木六山ー6:48水無平ー7:09悪場峠

※休憩含む


同じところからスタートしたのにログがズレてるのはご愛嬌(笑

0 件のコメント :

コメントを投稿